スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今月の無料カレンダーはこれ!

 今月の花はハイビスカスです。

 日本名は「ブッソウゲ(仏桑花)」。
沖縄では「アカバナー」と呼ばれ、南部
では、死者の死後の幸福を願って墓地に
植栽する習慣があるのでこういう名前
になったんでしょうか?

 南西諸島や沖縄をのぞき、冬季は
戸外では冬を越せないので、鉢植え
として屋内で管理することが多い
そうです。

 ハイビスカスの育て方で注意
するのは、日当たりです。
南国の花なので日光を良く当てる
ことが大事ですが、気温が30度以上に
なると株が弱ってくるそうです。

 最近は35度ごえも珍しくない
ですからね。
意外とハイビスカスにもよくない
んですね。

 ハイビスカスの花言葉は「上品な美しさ、
信頼、繊細な美、新しい恋」です。

「ハワイの花」というイメージが強いが、
もともとは東アジアから中国原産の種が
伝えられ、改良が加えられたものと
されています。

 今月はハイビスカスをお届けしました。

8月ハイビスカス
スポンサーサイト
[ 2013/08/01 00:00 ] 生命力イラスト | TB(0) | CM(0)

*生命力イラストレーターが生まれるまで ~4

*生命力イラストレーターが生まれるまで
~4

 今まで1~3とわたってイラストレーター
になる経緯はお話ししました。

 正確には私の肩書は「プロレス=元気!
=生命力イラストレーター」と名乗ってい
ます。なんで名刺交換するとどうしても
「プロレスラーの方ですか?」と聞かれる
事が多くて^^いや、それは選手の皆様に
恐れ多いことなんですが・・・

 でもここをあえて最初にもってきた
のは意味があったんです。

 実は半世紀近く生きてると死と直面する
ような大きな出来事が一杯ありました。
病に倒れてからも最低3回。今回はそこを
例にとって、いよいよ本題である「生命力
イラストレーター」の誕生の触れていきま
す。

 三年前、私は交通事故(実は生涯5度目)
で車を大破させたんですが、その時の記憶
が一部飛んでいたんです。一瞬のことでし
たが、命があったのが不思議なくらいの
タイミングでした。

 当時今より強い薬を服薬していたので
原因はそれに違いないと思っていました。
しかし、毎年の健康診断で体に異変が
生じてきていたのです。

 もともと私は冷え性の低体温症でした。
ですから代謝というものが恐ろしく悪く
しかもその代謝の肝である体温がとうとう
電子体温計では測れないほど低くなって
しまったんです。

 「このままだといずれ死ぬ・・・」
と思った私は必死に調べました。そしたら
「線維筋痛症」という病気に自分がなって
いる事実を知ったのです。原因不明で
確実な治療方法がないこの病気の主な
症状はうつ、低体温、体温低下、記憶障害、
全身を襲う痛み、などなど…すぐには
死にいたらないもののその痛みで自殺を
選んだ人が相当数いることを知って
愕然としました。

 そういえばずっと奥歯を噛む癖があって
奥歯がボロボロになって左の奥歯がなく
なるほど噛んでいた事を思い出すと
「よく今まで生きてきたなああ」と初めて
自分をほめる事が出来ました。あれは痛み
をこらえていたからしていたのかと・・・

 とはいえ、このまま手を拱いていては
やがて自分は死にます。ここで死んでたま
るか!大好きなプロレスを見られずに病
に負けていられるか!と思ってからは
必死で治療法を探しました。

 そしたらあったんですよ。しかも私が
通ってる小倉校の真ん前に。

 ちなみに2012年に線維筋痛症対策の薬
がはじめて認可されてはいたのですが
やはり薬はこれ以上増やしたくなかった
のは本当のところです。ですから減薬と
いう選択肢で副作用がないという先生
(ちゃんとした医学博士ですよ^^)
に懸けてみることにしたら
・・・・なんと完全とはいえないまでも
かなりの部分痛みが軽減されうつの薬も
3分の1に減らすことができたのです。

 基礎体温もあがりましたし、副作用も
ないし^^いや、でも体温が常時36
度ある生活って本当快適ですね。

 今まで味わった事がなかったです
から^^
 
 ここまでしてみたいと私に思わせた
プロレスは確かに生きる力をくれました。

 もしも自分にプロレスがもっと見たいと
いう執念がなかったら、ここまで生きる
努力をする事はなかったでしょう。

 今時間が許す限りのプロレス観戦をして
いられるのはまさに自分の生命力がここ
まで自分を元気にしてくれたからです。

 だからこそ自分の中ではこの3つが
イコールになっているのです。

 今後は心理カウンセラーとしても勿論
ですが原点はやっぱイラストにあること
を忘れないようにしたいですね。
 
 その上心理療法には芸術セラピーが結構
あって、自分のつたない画力でも十分
療法に使えることがわかってきたのも大き
かったです。今後はそちら方面にも狙いを
据えて勉強していくつもりです。

 長々お付き合いありがとうございま
した^^

 
元気は当たり前じゃない
[ 2013/06/02 15:18 ] 生命力イラスト | TB(0) | CM(0)

6月の無料カレンダー画像公開!

6月アマリリス


アマリリス(Amaryllis)は、ヒガンバナ科
ヒッペアストルム属(ヒペアストラム属とも、
ラテン名Hippeastrum)の園芸雑種。
Hippeastrum (ヒッペアストラム)は、
ギリシャ語の「hippeos(騎士)または
hippos(馬)+ astrom(星、似る)が
語源なんだそうです^^。

 学名Hippeastrum × hybridum。 多年草で
原産は南アメリカ。初夏にユリに似た六弁の
大きい花を2-4個つける。花の色は白・赤・
薄紅など。現在販売されている球根には、
八重咲きのものが多い。また、通常の花は
横向きだが、上を向いて咲く受け咲き種、
香りのある品種なども作られている。
春植え球根の代表種で、こぶし大の球根は
成長が早く4月に植えると1ヶ月後には開花する。

 ヒガンバナ科のほかの植物と同じく、
球根などにリコリンを含み有毒。

植え付け、植え替えはソメイヨシノが散る
頃が適期である。(以上ウィキぺディアより
1部改定・転載)

 花言葉は「誇り」、「内気」、すばらしく
美しい」とありますが、やっぱ毒をもってる
という「綺麗な花には~」系のやつですね。

 これを選んだ理由はつとめて簡単で今まで
の2013年カレンダーで赤い花を一枚も描いて
なかったんで気分転換にこれを選びました。

 だいたい6月の花の絵とくればアジサイ
が代表格ですけど、まあメジャーすぎて
ちょっと食指が動かなかったというか、
そんな感じです。赤い品種もあるんですが
それだとアジサイと認識してもらいずらい
し・・・・

 という事でジメジメして内にこもりがち
はな梅雨時期ですが、素晴らしく美しい夏
を迎えたいではないですか^^
[ 2013/06/01 00:00 ] 生命力イラスト | TB(0) | CM(0)

*生命力イラストレーターが生まれるまで ~3

*生命力イラストレーターが生まれるまで
~3

 基金訓練というのは民間の学校に委託して
スキルを磨いて再就職の助けをするという
セーフティーネットの事で、実はここが
私の学生復帰の場でした。

 しかし学生再デビューは無残な結果に
終わりました。やっぱ長期の闘病生活と
なおったわけではない体を酷使したせい
でまた状態が悪くなってました。病気の
事は学校にも事前に打ち明けて入学した
のですが、先生等からも理解が得られず
完全にクラスでは孤立しました。

 私的には卒業後、社会復帰へ一直線と
いう青写真を描いていただけに結構ショ
ックではありましたしね。ついていけない
自分が悔しかったです

 で、偶然心理カウンセラーを養成して
る今の学校がすぐ近くにあったので速攻
で入学を決めて心理の勉強を始めたのが
二年前の3月・・・・

 そうあの東日本大震災があった年の
「3.11」のすぐ後にスタートしたんです。
やっぱあの日から人生が変わったなと思い
ますね。今の学校との出会いもそうですし、
今の自分の状態をみても。

 被災してない自分が言うのは何か心苦しい
ですが、でもやっぱ転機にはなってるんで
すよ。

 今も続いてますけど、あの年は特に
チャリティーが盛んに行われてました。
で、そのチャリティー用に何枚か作品を
描いて出品したらことごとく完売した
という嬉しい実績をえることができたの
です。

 利益だけでいうなら手元には
数百円しか入らないものでしたけど
自分の絵が人様の役に立ってるという
実感を得られたのはとても貴重な経験
になりました。これが私のイラストレー
ターとしての存在意義になっていったの
ですね。

 そうして今度は学生になったわけです。
今の学校は基本的立場としてどんな存在
もOKにする事を基本として教わります。
ですので私のほかにも病人あがりの方
もいますし、病気でなくても兼業学生
もたくさんいます^^年齢も10代~70代
くらいまで。だいたい9割は女性なんですが
(だから一週間のほとんどは女性に囲まれ
て過ごしてます。でも意外と不自然ではない
んですよ^^)そんな中で存在を許された
自分ははじめて「学生になる事が出来た」
のです。


いかなる存在もそこにいていい
[ 2013/05/31 09:50 ] 生命力イラスト | TB(0) | CM(0)

*生命力イラストレーターが生まれるまで ~2

*生命力イラストレーターが生まれるまで
~2

 とはいっても過去の実績に頼っていきなり
お仕事がくるものか?と思うでしょ?
実はかなり見切り発車でした。

 昨年までイラストレーター養成
講座というものを受けていて、それを
知った友人たちから少しずつ
ご依頼をいただいたのが出発点ですね。
で、まあ友達とはいえお金を出していただけ
たという事で「プロ」の名乗りをあげた
わけです。

 とはいってもイラスト一本で食ってる人は
そうそういるものではありません。そもそも
イラストは鬱がなおるまでに社会復帰を
目指す私の「通過点」というとらえ方を
自分ではしてました(今はちょっと方向性
が変わってきつつあるんですが、それは
またの機会に)。

 バイトが出来るほどの体力がなく、かと
いって保険も手帳もない無職よりはまし、
というのがスタート時点での位置付けで
ここは今もそんなに変わってません。収入
は微弱ながらあがってますので右肩上がり
といえないことはないのですけどね。
まあプロレス行って飯食える程度までいけ
たらいいなというのが当面目標です。

 実際心の病というのは一年や二年で
完治するほど甘いものではありません。
いろんな要因が絡み合って症状として出る
のでピンポイントで治療するのが困難
なんですね。そこで段階を経た社会復帰
という手は我ながらよく考えたなと思い
ます^^

 ところが、ここまではいいとしても
正直社会的には「何かしてる怪しい
人」レベルですし、「病人」は肩書きで
はありません。そこで考えたのが「学生
になる」ことでした。これはまた次回に。

いつでもやりなおせる!
[ 2013/05/30 16:19 ] 生命力イラスト | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。