スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

がむしゃらプロレスINチャチャタウン大会 観戦記(13.4.7 日)

がむしゃらプロレスINチャチャタウン大会
観戦記(13.4.7 日)

 前日の爆弾低気圧通過に伴い、この日は
朝から雨。これは万が一どころか中止
だろうと思ってはいたけど。海を挟むと
天気がまるで違うのが関門の特徴なんで
とりあえず九州にわたらないとわからない。

 というわけで今回はJR使って小倉入り
・・・・したがやっぱり雨。でもよしんば
13時の回が中止でも16時の回がある!

 そう思ってチャチャタウンに行って
みるとやっぱ13時の回は中止という事
でアニソンライブが先にあって、
16時の回は決行するという。

 で席に座ってライブ見てたら天気が
急速に回復。したのはいいんだけど・・・
寒い!見ると気温7度!すり鉢状の
チャチャタウン広場は冷却も酷暑も
半端なくて、寒いか暑いかしか記憶に
ないくらい。

 しかし雨が上がったし、再び予定
変更してなんと公開練習を挟んで14時
から試合開始ということに!ラッキー
はラッキーだが、けが人がでないか
心配。公開練習も予定外のことだし
普段見られ慣れてない分、出てくる選手
も緊張していた。

 マスターがマイクで上手に解説を加え
て面白くしてくれたので見てる側も
興味がもてたんではないかと思う。
基礎練習だけどこういうのの繰り返しが
大切なんだよというのも一般の方には
見せておいた方がいいと思うし。いい
企画だったと思う。


第一試合:○パンチくん&●門司港戦隊
レトロンガー 対 ●セクシーロージー
&林祥弘 

 ということで一部選手は交替もしく
は突然の出場が言い渡されてカードも
大幅変更。でいきなりこんなカードが
実現してしまった^^

 なぜかレトロンガーのテーマは今回
「すすめ!ゴレンジャー」になっていた。
レトロだからか?^^でもまあマスター
の前ふり通りクオリティーの低いヒーロー
を目指すらしいし、中身の選手もそれを
心がけてはいたようだけど、やっぱパンチ
くんがキャラを完全に自分のものにしちゃ
った事もあって、完全に試合はパンチ劇場。

 相手が女性であろうと容赦ない一升瓶
攻撃は今日も健在。というか絶対ベビーな
ロージー相手にこれをやるか?と思った
けど、パンチくんにはブーイングはなし。
ほかのどの選手よりベビー人気の高い
ロージーを相手にわが道を貫くパンチくん
のすごさだけがやたら突出していた。

 しかも久しぶりの復帰で意気込む
そのロージーからパンチくん3カウント
とっちゃうし^^

 もう何をやっても怖くないだろう。
ある意味パンチくんと絡むときはほかの 
選手が存在感を消されないようにしない
と大変ではないかな?

第二試合:●鉄生 対 ○TOSSHI 

 連戦の続く両者。先週は抜群の連携
を見せた二人だったが、その後の疲れも感じ
させない動きはやはり若さ故か。
コンディション的にはかならずしも
万全ではないはずだが二人ともそれを
感じさせない。鉄生はテーピングの
跡も痛々しいがいつも通りの鋼鉄ファイト。
逆にTOSSHIはセコンドの介入もあって
今の立ち位置での戦いぶりを見せたと
思う。

 真っ向勝負でいくと勝ち目は薄いけど
このあたりは頭脳派ヒールらしいやり方
だと思う。ただそこから脱却して強さを
求め始めたLOCと比べると手口がやや古い
というか、実力+アルファで何か新しい
ことをしないと、ヒールとしてのCrazy
Cleverの像が見えにくくなるんで今後
本戦で同じことを続けてると飽きられる
かもしれない。そこは頭の使い所だと
思う。

 鉄生のパワーにTOSSHIも引かずに
闘っていただけに、そこからもう一工夫
するんであればクレバーなヒールに
なれるんだけど、意外と本戦よりこうした
ストーリーのない大会の試合での方が
本戦で試せないアイディアなんかも
出せたりできるかもしれないし^^

 このカードは何気に名勝負数え歌に
なる可能性もあるんでいろんな切り口を
作っておくと、いつも結末が反則がらみ
だよね、という従来型のヒール対決には
ならないと思う。これは今後に期待大、
なのだ。

第3試合:●KAG大塚&ニコラス今中ジョリー
対YASU&○七海健大

 4つのユニットの中で一番目立って
いた割には一番ベールに包まれていた
(単に集まりが悪いというだけだが^^)
がむしゃらクローバーZが満を持して
ユニット本格始動!テーマ曲ももクロの
「猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の
愛」」に変えて登場。

 いや、「モーレツ!宇宙海賊」で
聞いていたときより個人的には
テンションあがったかも^^

 なにげにプロレスでもこの曲は向いていた
ということだと思う。

 前回のチャチャ大会ではレフェリー
デビューしたKAG大塚。選手としてもまだ
二戦目なんでキャラはともかくどういう
方向性を見せようとしてるのかが興味
あったけど、飛びつき式の腕ひしぎや
脇固めを多用して先輩たちを大いに苦しめ
たのは特筆ものだろう。やっぱ飛ぶとなると
ユニット内に飛べるヘビー級のニコラスが
いるし、チャンピオンのYASUはまさに
飛べる代表格なんで、この差別化は正解
だと思う。

 ただ連戦が続いていた分、ニコラスに
やや疲れもみえていて+今回のような
天候に左右されるアクシデントがなかった
らKAGを引っ張って・・・という流れ
もあったと思うけど、その余裕もない内
に七海がスライディングDを決めてユニット
対抗戦を先制してしまった。という事
でがむクロのユニットとしての実力は
次戦以降にお披露目という形に・・・

 まあ勝ったら勝ったでマイクもたねば
ならないというOver The Limitには別な
課題があるんだけど、今回一番噛んでいたの
は実はユニットの別な人だったんで
あまり目立たなかったのはOTLとしては
不幸中の幸いだったかも^^

 で、ここからはふつう間をおいて
第二部になるのだが、時間が押してる
ので、アニソンライブ挟んで第二部開始
とかなりあわただしくなった。
 
 なんせ気温が気温だけに暖をとろう
と思っていたんだけど、ライブも見たいし
トイレ休憩以外は席を立たずに見ていた
ら曇って夕方はさらに寒くなってきて
本当Uインターの伝説の神宮大会を超える
のではないかというくらいの底冷え状態。
これは試合する方も大変だけど見てる側に
も相当試練である。この時ばかりはプロレス
とアニメを掛け持ちしてるわが身を呪った
けど、ライブ見るのも観戦するのも自由意思
だし、見ると決めた以上は見て帰らねば!

 ということでアニソンライブも盛り上が
って第二部へと突入した。

第4試合:●ガムコツくん&セクシーロージー
対 門司港戦隊レトロンガー・○林祥弘

 今回は屋外ならではというかいろいろ
普段とは違うことがあって、ガムコツ
くんはなぜか「ストップ・ザ・バトル」
(ゴーグルVのエンディング)だったし
一方のレトロンガーがゴレンジャー・・・
テーマ曲もレトロ^^林は昔のコスチューム
でこらまたレトロ^^そして当のレトロン
ガーはなぜか白マフラー・・・・

 レトロンガーだけ微妙というかなんと
いうか・・・^^

 ロージーと林がなにげに激しいファイト
をやっていたのは驚いたけど^^連携は
あってなきがごとし。でも一回試合してた
分体があったまったのか動きはよかった
なあと思った。

第5試合:●パンチくん 対 ○鉄生 

 いろもんから何気にどんな場面にも
対応しうるキャラへ変貌を遂げてしま
ったパンチくん。ちょっと前なら
なんということはないカードだったが
今や、若手の高い壁になりはじめた
パンチくんの今回の相手は鉄生。
これは期待大!

 しかしこの昇り調子の鉄生をもってして
もやはりパンチくんの厚い壁はなかなか
崩せない。一升瓶攻撃に千鳥足で巧みな
ロープワークをこなし、ヘッドバットで
リズムを狂わせる・・・・

 試合の8割をもっていってしまうので
勝敗がどうであっても印象に残るのは
パンチくんの方なんで相手する選手は
よほど心してかからないととんでもない
目にあってしまう^^今回もやはり
パンチくんの壁を崩せたとは言い難かった。

 こうしてどんどん主力級の若手を
食ってのし上がっていくパンチくん
の勢いが怖いwww

第6試合
○SMITH&KAG大塚 対
●竹ちゃんマン&七海健大

 今回竹ちゃんマンはやっぱ臨時の中身
だったはずだがテーマ曲はなぜかYASU
の「戦メリ」・・・というkとは中身は?
と思ったら当のYASUがセコンドとして入場
してきた。まさかセコンドのテーマで入場
してくるとは!ちょっと驚き!七海の曲
はちゃんと用意してあったんだけどな。
でもキャラや出番がかなり土壇場で変わって
しまったんでこれは仕方ない。こういうのも
含めてイベント試合は楽しいのだから^^

 さてがむクロ御大将SMITHは実を
いうとこれが今年初試合。しかし、タッグという
ことは各ユニットごとで証明してきたとおり
パートナーが7割動いてSMITHが残り
の3割を担当する省エネスタイル。

 ところが12月に続いて4月も真冬並みに
なったせいで動かないと寒くて仕方ない。
で、PTほどスタートダッシュや仕掛け
が早いわけでもないので、KAGに任せては
いるものの初タッグだし、どうもいつもと勝手
が違うらしい。

 そうはいいながらもがむクロとしては
正チームでしかも御大でてきて二連敗では
いかに楽しければいいとはいっても
恰好がつかないので後半は急にとばしだし
普段みたことのないジャイアントスイング
に挑戦して三回で目が回るという体たらく
に会場から「終わったら反省会だ!」との
声が^^ 

 そこから更にいつも以上に巻いたSMITH
がやっぱここぞというところでしかやらない
エクスプロイダーを連発してどうにか
一矢報いる形にはなった。

 終わってマイクを握ると殊勝に反省の弁
を述べるSMITHだったがFMW方式で
マットを観客に囲むように要求^^
しかしマットを叩く観客に「うるさいわ!」
と好き勝手に言い放つとKAGに締めを
任せてしまった^^

 ところが若手でも断トツにマイクのうまい
KAGはデビュー三戦目でしっかりメイン
というか、大会全体を締めてしまった。
いやはや大したもんである^^
この間の道場開きのパーティーも見事に
締めたし、遅まきながらがむクロもやっと
頭角を現し始めた感じかな?
 
 半ばのアニソンライブに中途半端な雨
が降って一時はどうなるかと思ったが
終わってみればしっかり記念写真も撮れて
いい大会になって終わることができた。

 しかし二回やって二回とも寒いという
のはさすがに参った・・・・
速攻で逃げるように小倉駅に向かって
暖房の入った電車内でどうにか生き返った
感が得られてほっとした。

 次回はいよいよ今年二回目の本戦。
さて楽しみになってきたなあ^^
何より屋内だし^^
スポンサーサイト

がむしゃら道場開きレポート (13.3.31 於:がむしゃら道場~ プロレス居酒屋がむしゃら)


がむしゃら道場開きレポート
(13.3.31 於:がむしゃら道場~
プロレス居酒屋がむしゃら)

 ふつう観戦記はなるべく熱いうち
に書くんだけど、まさかの風邪で
ダウンしてしまうというアクシデント
もあって遅くなりました。すいません。

 道場がある片野という街は実を
いうとはじめていく場所。三萩野女子
高があるんだけど、実は高校の場所も
知らなかったし^^

 なんで公式発表のある地番に
車を回したらどう見てもプロレスの
練習には向かない住宅地に入った
のでおかしいなあと思っていたら
その閑静な場所に金髪でグラサンで
白装束のダイアナ秘書がスマートフォン
片手にかなり焦ってどっかに電話して
る場面に遭遇してしまった。

 見た目ありえないくらい怪しい光景
だったんだけど^^車の中から観察
してもわかるくらい困惑されていたので
その様子から見て「これは記載に間違いが
あったんだろう」と思って、とりあえず
車を適当な駐車場に止めてぶらぶら
歩いていたら今中さんと原さんが私
を拾って道場まで乗せていってくれた。

 後で話を総合するとどうも地番と
登記上の地番が異なっていたのが
真相だったらしい。正確には間違い
ではないんだけど間違っていたという。
これはしかし仕事柄登記簿と縁がない
人にはわからないだろう。

 よって、県外人だけでなく地元の
北九州勢までがこぞって漂流していた^^
もともと関門トンネル渋滞を想定して
早めに出てきたのは正解だった。

 おかげで一番乗りして練習風景や
レアな光景もみられたし^^それは
それでよしとしよう。

 本当はご祝儀用意しようと思った
んだけど、ATMでお金降ろし忘れてて
この後のパーティーの飲み代しかない
状態だったんでしれっと黙って列席
してしまったwww

 道場の中に入るとまだ天井が半分
残った状態になっていた。この上の
空調を外して完成となるらしい。
じゃないとコーナー最上段には立てない
し・・・

 でも本当プロでもありえないくらい
設備の整った道場でこれはたぶん
関東の目の肥えたファンが見ても
驚くレベルだと思う。

 ゆくゆくは一般の方もいっしょに
運動や練習に参加できれば、というお話
もあった。それはそれで素敵な事だ
とは思う^^

 なにげにこの周りには運動施設も
多く、メディアドーム、北体育館、
市民球場など多数あって運動に適した
場所ではあるのでそういう展開も
将来的には可能だろう。

 来賓選手はコーチの阿蘇山選手、
筑前りょう太理事長、藤田ミノル
選手、そして特別ゲストの藤波辰爾
選手!すげえ豪華!

 やっぱドラゴンスープレックスが
かかると実年齢は50に届こうという
おっさんでも一瞬で少年ファンに
なってしまう!そういう魅力を持つ
ドラゴンはやはりスーツ姿でもカッコ
いいレジェンドだった!

 九州プロレスの筑前理事長は
以前、魔界2号として新日にあがって
いたとき、当時新日社長だった藤波
さんに非常によくしてもらったそうで
この日も席を並べていろいろお話を
されていた。

 セレモニーやダンスタイムも
繰り広げられ、ベリーダンスの時に
食い入るようにダンサーを目で追ってた
ブル健さんの本気の目が別な意味で
怖かった^^

 その後道場マッチが二試合提供
されたので、それについても触れて
おかないといけない、というかそれが
メインだし^^

第一試合:●パンチくん対○七海健大

 中身が同期生(同い年)対決と謡われ
ていたこの試合だったが、やはり入場時に
天井に頭があたりそうになる。天井があたる
のは正面入り口側だけなんで奥の二つの
コーナーからは普通に空中戦が仕掛けら
れる。が、試合序盤から荒れ模様な試合
になり、なんと天井も凶器になり、場外
乱闘もあるという結構ハードコアな
展開になった。パンチくんには酒屋さん
がスポンサーについたらしく新調した
酒瓶で変幻自在の足殺しを見せ七海を
苦しめた。

 最後はやはりどうしても飛べない
場所故か、スーパーノヴァの後に
スライディングDを決めて七海が勝った
けど、やっぱ変幻自在なパンチくん
の方が一枚上手だったかな?まともに
いってもすかされるし、かといって
まごまごしてると試合もってかれるし
やっぱ厄介な相手なんである。

 今後イベント試合が増えると潮風市場
みたいなケースも出てくるので特に
その場その場に応じた対応力も今後
道場で磨いていってほしい^^

第二試合:●鉄生・TOSSHI対 ○マスクドPT
・ニコラス今中ジョリー

 なんとLOCがコーナーに分かれての
対決!普段は練習もユニットごとで
時間をずらしている位徹底してるがむしゃら
では異例のタッグマッチ。

 まあベテラン対若手という図式はある
んだけどその程度かな?後は連戦が続い
てるTOSSHIとニコラスを敵対してる
2人がパートナーとしてフォローするの
かどうか?一歩間違えば試合が成り立た
ない可能性だってあった。

 だがこのレアカードは意外なところで
今年のベストマッチになったのだ。
まず、心配したTOSSHIと鉄生は普段
敵対してるのを忘れさせるかのような
見事な連携ぶりで、ニコラスをしばし
孤立無援にしたのである。

 もともと同じLOCにいたころは機動
力とパワーと若さが組み合わさった
いいチームだったんだけどしばらく
組んでないうちにそれぞれがレベル
アップしていたのだ。

 しかしこれに刺激を受けないほど
PTはお人よしではない。ニコラスに激を
飛ばし、満を持して入ってきてからは
鬼のような活躍ぶり。特に鉄生とは
普段闘えない分その感触を確かめてる
ような闘い方だった。

 そして普段無欲であまり野心を語ら
ない鉄生が本性むき出しでPTにつっかか
っていく様をみてるとあらためて「強い
ヒール」にかじとりした新生LOC恐るべし
を印象づけた。

 最後はPTコースターの前に力尽きた
鉄生だったがPTは憎まれ口を叩きながら
も嬉しそうだったし、鉄生は悔しさを露わ
にして「ぜってぇあんたを超えてやる」
とTOP越え宣言をしてみせた。そう
仲良しこよしで集まってるわけでは
ないので、これでいいと思う。常に上を
目指す姿勢は大切なことだし。

 ニコラスもTOSSHIもコンディションの
悪い中よく戦いぬいたと思う。でも
一言いうなら藤波さんの前でドラゴン
スリーパーは使わない方がよかった
かな^^どうせやるならこれで決めてやる!
くらいの気持ちがないといけないと
思うし、実際ドラゴン以外の選手が使っ
ても基本フィニッシュにはもっていけて
ないのが現実なんだし^^そこは技を出す
意味もちょっと頭にあるとなおよかった
と思う。やるな!ということではなくて
その技をセレクトした時点での気持ちが
今回は伝わらなかったというだけのこと。

 内容は悪くなかったんで次期待して
ます^^

 で、場所をがむしゃらに移しての
祝賀会も大いに盛り上がった。短い時間
だったけど約30年ぶりに隣に並んだ藤波
さんはやっぱでかくて恰好よかった。
7歳の時たまたま見てたテレビにヤマハ
と組んで外国人選手と闘っていた若き日
の藤波さんの姿が私のプロレス原体験なん
だけど、まさか40年の時を経てこうして
同席できるなんて夢のようだった。

 これもひとえにがむしゃらの選手、
そしてマスターのおかげであることは言う
までもない。本当にマスターやみなさんと
出会えて本当によかったなと思う。

 でも、まさか私にごあいさつのご指名
がかかるとは思わなかったんでかなり
焦ったけど^^藤波さんが帰られた後で
よかった・・・

 やっぱここで出会う人間関係は本当に
得難いものがあるし、はじめて会った
人とも仲良くしゃべれるプロレスって
やっぱいいなって本当に思う。ばあちゃん
が自分に残してくれた一番の遺産である
プロレスをこれからもずっと大事にして
いきたい。 

 ありがとうございました^^

*今月のカレンダーはちょっと名前の変わった天然記念物*


 プロレス=元気!=生命力イラストレーター
モンスターAMのブログにようこそ。
数ある中から私のところに
おこしいただいて心より感謝します。
ありがとうございます^^

はじめましての方はこちらをクリックしてください^^

*記述には慎重を期してますが万一不手際が
あった場合はご指摘いただけると助かります!*



今回はネットで調べててちょっと
名前が気に入ったヒトツバタゴ
(Chionanthus retusus)です。

 モクセイ科ヒトツバタゴ属の一種。
同じモクセイ科のトネリコ(別名
「タゴ」)に似ており、トネリコが
複葉を持つのに対し托葉を持たない
単葉であることから「一つ葉タゴ」
の和名があるんだそうです。

 面白い別名にナンジャモンジャノキ
というのがあって実はこっちに引っかかり
ました^^ただ「ナンジャモンジャ」と
名付けられる植物の樹種には、ヒトツバ
タゴのほかにニレ(樟)、コレ(楡)、
イヌザクラ(犬桜)、ボダイジュ(菩提樹)
などがあるそうです。

 「ナンジャモンジャ」と称される理由に
ついて、民俗学では、元々は占いや神事に
利用されていたもので、植物名で直接呼ぶこと
が憚られたものではないか、とみる説など
があるそうですが、諸説あるようですね。

 で、なんでこれ見たことないのかな
と思っていたら日本において希少種のひとつで
あり、絶滅危惧II類(VU)(環境省レッド
リスト)に指定されているからなんですね。

 天然での分布域も狭く、長野県、愛知県
の木曽川流域、岐阜県および長崎県対馬市
に自生しているが、それぞれ各県のレッド
データブック、長野県および愛知県では
絶滅危惧I類、岐阜県および長崎県では
絶滅危惧II類に指定されているんだそう
です。そりゃ見られないわけですよね。

 花言葉は清廉なんですって。
最初は名前が面白いので描いてみよう
と思ったんですが、意外と背景に奥深い
ものがあったなあというのが今回の
カレンダー画像です^^はい^^

4月なんでんかんでん完成版

o0300015012032444935.jpg
4月カレンダー保管室



モンスターAM公式ホームページはこちらから
モンスターAM公式ショップはこちらから

[ 2013/04/01 00:00 ] 生命力イラスト | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。