スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

№142 AWA選手名鑑7.ミスターメェ


 プロレス=元気!=生命力イラストレーター
モンスターAMのブログにようこそ。
数ある中から私のところに
おこしいただいて心より感謝します。
ありがとうございます^^

初めましての方はこちらをクリックしてください。

*モンスターAMの「ネタログ」
「回転!揺りイス固め」もあります^^




7月カレンダー配布中!

こちらからどうぞ!


 大分間があいてしまい
ましたが、別に忘れて
たわけではなくて単に
色んなことがあって
この連載がのびのびに
なっただけです^^

 今回はレフェリー
としてAWAリングで
活躍するミスターメェ
です。


$どん底を楽しめ!逆境に酔え!プロレス!=元気!=生命力イラストレーター.モンスタ-AMのブログ

 え~
彼は見てのとおり
レフェリーとしても
生物的にもベテラン
であります。

 なんで一見弱々し
そうに見えますが実は
悪い事には毅然とした
態度で挑む正義の
レフェリーです。

 ただ、悪役に巨漢が多い
AWAマットでは彼らの
肉弾攻撃をもろにくらって
度々巻き込まれて失神
という目にもあう事が
度々あるため結構レスラー
以上に体張ってると
いっていいいかもしれ
ません。

 もっとも実際のプロレス
でもレフェリーはそう
何人もおきませんから
彼がいなくなるとリングは
たちまち無法地帯に
なってしまいます。

 昔のプロレスで不透明
決着が多かったのは
このサブレフェリー
をおかないシステムが
一つあったんですが、
こういうハプニング
こみで魅せるスポーツ
なんで^^まあレフェリー
といえど決して安穏
とはしてられないん
ですね。

 レフェリーもまた
選手同様試合を作って
いくアーティストでも
あります。

 よってお客さんの
視界を遮る事や撮影カメラ
の位置などはちゃん
と把握してないと務まり
ません。

 やはり熟練の技は
見てると気持ちいいです
よ^^

 個性的なレフェリー
には選手に負けない
くらいファンがいる
のもプロレスならでは
でしょう^^

 ほかのスポーツでは
その中立性ゆえに
黒子になりがちな
審判ですがプロレスでは
重要な登場人物の一人
でもあります。

 さて彼が生まれた経緯
なんですが、これは
察しがいいプロレス
ファンの方はピンと
くるかもしれませんが
全日本プロレスなどで
活躍された名レフェリー
故・ジョー樋口さんが
モデルです^^

 本当のジョーさんは
NWA公認のレフェリー
でして以下ウィキから
抜粋しますがこんな
方だったんです。

>日本プロレスを離脱した
ジャイアント馬場が1972年
に旗揚げした全日本プロレス
に、旗揚げと共に参加。

 以降、馬場の試合に欠かせ
ないレフェリーとして一躍
有名になる。スキンヘッドと
青のコスチュームがトレード
マークで、日本人のNWA
オフィシャルレフェリーの
代表・大御所的存在でも
あった(アメリカセントルイス
のキール・オーディトリアム
でのジャック・ブリスコ vs.
ドリー・ファンク・ジュニア
のNWA世界ヘビー級選手権試合
を裁いたこともある)。

 それまでのレフェリーの
イメージはどちらかと言えば
地味であったが、よく足
を使い、試合がストップした
状態でも観客を飽きさせない
そのレフェリングは、後の
和田京平や西永秀一らにも
大きな影響を与えている。

試合がグラウンド状態に
なった際に叫ぶ言葉
「ワッチャギブアップ
(Watch out give-up)」
も、実は観客を飽きさせ
ないための工夫であった。

また試合中に選手の乱闘に
巻き込まれて失神したり、
悪役レスラーの反則に
気付かないのもお馴染み
であった。そのためファン
から絶大な支持を得て、
リングアナが選手をコール
したあと「レフェリー・
ジョー樋口」と宣言すると、
観客が「ジョー!」と大歓声
を上げるという流れができる
ほどであった。   

 とりわけ1980年代前半には、
乱闘に巻き込まれて失神して
決着になだれこむ「ジョー
樋口失神ギミック」がビッグ
マッチを中心に多発した。

この時期に馬場から「ジョー
さん、現役の頃よりいい受け身
取っているんじゃない」と
言われたことがあるという。

このギミックは1980年代後半
からあまり用いられなく
なったが、興味深いことに
樋口の体力が衰え試合の
テンポが速くなった四天王
プロレスの時代には、樋口が
試合に巻き込まれて失神
することはほとんどなかった。

 しかし、レフェリングは
厳格であり、2003年の力道山
追悼興行で特別レフェリーを
務めた際には、カウントしない
ことがほぼ不文律となっている
小橋建太のマシンガンチョップ
に対して反則カウントを取った。

また、カウントが遅いことも
よく取り沙汰された
(ダグ・ファーナスが試合中
に指摘したこともある)が、
ストップウォッチでジョーの
カウントを計測したところ、
実時間の3秒とほぼ一致して
いたという話もある。
1990年代以降は高齢のため
チーフレフェリーの座を和田
に譲る。1997年3月1日に
日本武道館で挙行された
三冠ヘビー級選手権試合
(三沢光晴 vs. スティーブ
・ウィリアムス戦)を最後に
レフェリーを引退、外国人係
に専念することになる。

 ここでも書かれてる
様にジョーさん自身
はスキンヘッドでした
んでこういう「ふさふさ」
なイメージはなかったん
です^^
 
 ただ晩年ジョーさんは
あごひげをたくわえる
ようになって、それが
決め手といえば決め手
でしたかね。

 割とすんなりでてきたん
です。

 ちなみにHPでは
公開済みのAWAシー
でレフェリーを務めている
ウミガメのジョー・タートル
はお名前だけ「拝借」
しました^^

 この実は一見地味そうで
実は画面に配置すると
結構目立つというのが
ジョーさんをモデル
にした一番の理由ではからず
も期待通りメェレフェリー
は案外目立ってくれる
んで絵的にも配置しやすい
ですね^^

 本当ジョーさん様様
です^^ありがたい
話ですね。

 あ、本物のジョー
さんがNWAだったんで
一個ランクが下?の
AWA公認レフェリー
にしたのはオリジナル
に対しての敬意を払った
つもりです^^
(昔はプロレス3大
タイトルとしてNWAは
AWA・WWFと並列
に語られていましたが
権威的には間違いなく
NWAが唯一の世界
選手権だったといって
いいでしょう。異論
はあるかもしれません
が^^)

 まあそういうわけ
でメェレフェリーには
いつまでもリングの番人
として活躍してもらい
たいですね^^ 


$どん底を楽しめ!逆境に酔え!プロレス!=元気!=生命力イラストレーター.モンスタ-AMのブログ


*お知らせ*


*オリジナルTシャツ発売開始!
詳しくはこちらから

*生命力新聞配布中です^^

こちらからどうぞ!

 モンスターAMは生命力で皆さんに
生きる力を絵を通じて分かちあいたい
という気持ちで活動しています。
みんな、幸せになろうよ^^






 お客様の声です。
厳しいご意見もお喜びの声も
載っています

こちらからどうぞ^^

ということでイラストのお仕事の
ご相談、ご依頼などは
こちらからどうぞ御願いします。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 


*ツイッターやっています。
フォローしてね^^

よろしくです^^ 


Twitter / monsteram1024

 おすすめ記事です。
「こちらから~」ではじまる、赤い字をクリックして
読んでってください。お願いします!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
こちらからどうぞお入り下さい^^

それとランキングもぽちっとお願いします^^
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ


【心, 悩み, カウンセリング】をアメーバで検索


スポンサーサイト
[ 2011/07/23 08:00 ] AWA選手名鑑 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monsteram1024.blog.fc2.com/tb.php/150-c2cf9c14






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。