スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

№24 あなたのその笑顔にだって...


 プロレス=元気!=生命力イラストレーター
モンスターAMのブログにようこそ。
数ある中から私のところに
おこしいただいて心より感謝します。
ありがとうございます^^

初めましての方はこちらをクリックしてください。

*モンスターAMの「ネタログ」
「回転!揺りイス固め」もあります^^



2011年卓上カレンダーのご案内は
こちらから

2011年年賀状画像データ販売のご案内は
こちらから
どうぞ^^

* 未払い残業なんて当たり前だったし、
請求しようものなら即クビ!
それが多くの企業の現実だと思います。
結局、会社のいいなりになるしかないわけで
記事みたいに会社が足元見られるのは稀な例だと
思いますよ。何だかんだいって
雇う側が強いんですよ。

“未払い残業”の争いが増える、3つの理由
(Business Media 誠 - 11月05日 10:53)

http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1397053&media_id=40

 「未払い残業代」――。
これがいま、多くの経営者や役員、人事部の社員たちを
苦しめている。最近は退職者が数人で徒党を組んで、
かつて勤務した会社に「未払い残業代を支払え!」と
訴えるケースが増えているのだ。

 未払い残業とは、労働者が、労働基準法に定められて
いる「労働時間」を働いたにも関わらず、支払って
もらえない賃金の総称を言う。
詳しくは、のちほど解説する。

 厚生労働省は毎年秋に「賃金不払残業(サービス残業)
是正の結果まとめ」を発表するが、先日、2009年の
調査結果が明らかになった。それによると、2009年4月から
2010年3月の間に、全国の労働基準監督が定期監督
および申告に基づく監督などを行った。

 そして企業に是正指導を行い、不払いになっていた
割増賃金が労働者に支払われた。
その額が100万円以上になった企業は1000社を超えた。

是正企業数:1221企業
対象労働者数:11万1889人
支払われた割増賃金の合計額:116億298万円
(企業平均は950万円、労働者平均は10万円)

 1企業の最高支払額ワースト3は、以下の通り。
この数字を見ると、経営者や役員、人事部の社員たちは
考え込んでしまうのではないだろうか。

1位:12億4206万円(飲食店)
2位:11億561万円(銀行・信託業)
3位:5億3913万円(病院)

 私が2年前の冬に取材した中小企業(東京墨田区、社員数
50人ほど)でも、同じようなことが起きた。退職した元社員
(30代男性2~3人)がその会社を「残業代が未払い」として
労働基準監督署に訴えた。50代の経営者は監督署から
呼び出しを受け、そこで数回に渡り、話し合いをした。

 結局、会社は2~3人に600万円近い金額を
支払うことになったという。

 ここに出入りする業者(印刷会社)によると、経営者が
このメンバーのリーダー格を厳しく叱責(しっせき)し、
彼がそれに逆恨みをしたことが一因だという。
いまや会社員の企業への意識は変わりつつ
あるのだ。次の図は、労働者が全国の労働基準監督署に
持ち込んだ労働相談の件数だが、年を追うごとに増えて
いる。ここがまず、未払い残業代の争いが増える
一因だと私は考えている。

 もう1つの理由は、一部の弁護士や司法書士などの
存在である。彼らはここ数年、消費者金融などを利用
する人に対し「支払いすぎたお金を取り戻そう」と
呼びかけている。先日も、私の住むマンションの
ポストにそのチラシが投かんされていた。

 しかし改正貸金業法の施行により、いわゆる
“グレーゾーン”金利が撤廃された。こうした動きは
利用者からすると、金利を払いすぎることがなくなる
ということ。そこで、一部の弁護士や司法書士などは
新たなビジネスチャンスとして、未払い残業代に
目をつけた。ある法律事務所のチラシには、
このようなことが書かれてある。

<ある法律事務所のチラシ>

 「残業代の請求は、退職後さかのぼって2年間分は
できます。初期費用は〇万円。裁判のための印紙代
などの実費は、当事務所で立て替え支払いをします。
会社から残業代の支払いを受けたときに精算して
いただきます。成功報酬は、会社から支払いを受けた
金額の20%(税別)となります」
※編集部注:表現を一部変更しております。

●「自分ももらえるのではないか」と期待する会社員

 3つ目の理由として、多くの企業では残業の時間管理
が厳密にできていないことがある。出社や退社の時間の
記録すら不十分なケースが目立つ。出社や退社時に
打刻するタイムカードの扱いについては、これまでに
いくども裁判で争われてきた。通常、タイムカードに
打刻された時間は、労働時間として認められる
可能性が高い。

 この残業時間の管理について、社会保険労務士の
滝口修一氏(NPO個別紛争処理センター副理事長)は
こう語る。「残業代トラブルの主な原因は、あいまいな
労務管理にある。労働者はインターネットでそのような
情報を得て、自分ももらえるのではないかと期待する。
まずは、労働時間管理を明確にすることが
予防策になる」

 滝口氏は、適切な会社のルール(就業規則など)を
作成する、もしくは見直すことから始めることを
提言する。さらに必要であれば、変形労働時間※
を検討する。また身勝手な残業を予防するために、
許可制、確認制などのシステムを運用すること
も必要と述べる。

※1週48時間勤務したときは8時間分の残業手当が
必要になる。しかし変形労働時間制であれば1カ月を
平均して週40時間以内なら、1カ月内に48時間勤務した
週があっても残業手当を支払わなくてもよい。

●トラブルになりやすい「時間外労働」と「休日労働」

 「未払い残業」の扱いでよく問題になるのは、以下の
3つである。私が取材した限り、1と2が目立つ。

1:時間外労働
2:休日労働
3:深夜労働

 1の時間外労働とは、法定労働時間である1日8時間を
超えた労働時間のこと。これを超えた分は「残業=時間外
労働」となり、25%以上の割増賃金を支払う義務がある。
誤解が生まれやすいのは、就業規則などで定められた
「所定労働時間」との関係だ。私が労働組合の役員を
しているときに組合員にアンケートをすると、このあたりを
理解していない人は組合員の半数に達していた。

 仮に所定労働時間が7時間として決まっている場合
は、法定労働時間である8時間よりも1時間少ないこと
になる。労働者が1時間残業し、8時間を働いたと
しても、その1時間には割増賃金は発生しない。
これは「法内残業」と言われるものであり、通常の1時間に
ついて支払われる賃金と同じ額の分が支給される。

 ただし、就業規則などで「所定労働時間を超えた
労働時間に対して割増賃金を支払う」旨の規定が
あれば、法内残業でも割増賃金が発生する。

 2の休日労働とは、まず法定休日として原則として
週に少なくとも1日設けるか、もしくは4週で4日設けることが
労働基準法で決まっている。一方で、就業規則などで
定められた休日が「所定休日」である。
この日に出勤し、働いた場合は「法内残業」と同じ扱いを
受ける。この場合は法定休日労働としての割増賃金が
発生しないので、それを支払う必要はない。
ここも誤解が生まれやすいところである。

 私が労組で受けた相談例でいうと、土日完全週休2日制
の職場で、ある社員はそのいずれかに働いた。
彼いわく、「自分は割増賃金を受け取っていない」という。
しかし、これは「所定休日」に働いたことになり、その場合
には割増賃金は支払われない。

 これも誤解されがちだが、その週の労働時間が40時間を
超えたときには、その時間外労働の分については、会社は
25%以上の割増賃金を支払う義務がある。
ただし、特例措置対象事業場は44時間となっている。

 滝口氏はこう述べる。「一般的には『残業』『休日出勤』には
割増賃金が支払われるもの、と思われがちだ。
所定労働時間と法定労働時間、所定休日と法定休日などと
区分して考えることは少ない。これも、就業規則(賃金規定
を含め)などのルールがあいまい、またはそこに記載している
内容が社員らに周知されていないからではないか」

 ルールの徹底がこの問題を解決していく1つのきっかけ
になる、と私は思う。あなたの職場は大丈夫だろうか。
【吉田典史,Business Media 誠】

*ちなみに前職場ではタイムカードこそありましたが
何時間働こうが固定給でした。よって残業手当なんか
最初から存在しないので、どんなに頑張ってもその分の
対価は払われませんでした。第一逆らったらクビという
無言の圧力もありましたし。こういうことはサービス業に
従事していると得てしてありがちな話です。

 しかし、どこも今安売りに力を入れないと生き残れません。
ということは真っ先に抑えられるのが人件費で、
みなし残業は増えることはあっても減ることは
ないでしょう。ですから、そういった傾向にもこの記事は
警告を鳴らしたいというのが本音としてはあるように
思います。しかし、消費者が安ければなんでもいい、
という傾向が続く限り従業員がどれだけサービス向上に
努めても、対価の支払われない「サービス0円」状態は
続いて行くことでしょう。

 やはり高すぎる商品は困りますが、そこにかかっている
手間をも「値段」のうちとして考えないと「サ―ビス0円」
では困るんですよ。

 だからかもしれませんが、最近基本的な挨拶さえまともに
できない、しない従業員が急増しているように感じます。
就活しているとサービス業の給与の低さに唖然とします。

 が、一生懸命がんばっている人の意欲まで削ぐような
ことのないような社会体制でいてほしいです。
フェアトレードって言葉がありますが、それは発展途上国
相手に正当な対価を払うということだけでなく
国内にもその対象があるってことをもっと知ってほしい
ですね。こういう労働観に至ったのは、アルバイトであっても
与えられた以上の仕事を黙々とこなす働き手をこの目で
たくさんみてきたからです。
 その時はじめて「自分は正社員という地位に甘えて
いた」と痛感しました。

$どん底を楽しめ!逆境に酔え!プロレス!=元気!=生命力イラストレーター.モンスタ-AMのブログ

 「サービス」というのは一番値段のつけにくい商品
です。だからこそがんばって正社員以上に「使えて
できる」ひとには「サ―ビス0円」で甘んじることの
ないよう、企業側も働き手ももう一度考え直す必要が
あると思います。



*お知らせ*
 モンスターAMは生命力で皆さんに
生きる力を絵を通じて分かちあいたい
という気持ちで活動しています。
みんな、幸せになろうよ^^




 お客様の声です。
厳しいご意見もお喜びの声も
載っています

こちらからどうぞ^^

ということでイラストのお仕事の
ご相談、ご依頼、料金表.サンプルなどは
こちらからどうぞ御願いします。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

*ツイッターやっています。
フォローしてね^^

よろしくです^^ 

 おすすめ記事です。
「こちらから~」ではじまる、赤い字をクリックして
読んでってください。お願いします!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
こちらからどうぞお入り下さい^^

それとランキングもぽちっとお願いします^^
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ


【心, 悩み, カウンセリング】をアメーバで検索

スポンサーサイト
[ 2010/11/17 08:00 ] 生命力イラスト | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monsteram1024.blog.fc2.com/tb.php/24-166a8db2






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。