スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

№378 今月のカレンダーは南米産で日本でも栽培されてるこれ!


 プロレス=元気!=生命力イラストレーター
モンスターAMのブログにようこそ。
数ある中から私のところに
おこしいただいて心より感謝します。
ありがとうございます^^

初めましての方はこちらをクリックしてください。


今回はまた変化球で(いつもそうですが^^)
アルストロメリアという花です。

 花言葉はエキゾチック・小悪魔的な思い・
幸福な日々・持続。
持続は多分花持ちがいいという特徴から
でしょうね^^

 別名はユリズイセン・
インカノユリ。日本的には百合の仲間
みたいですね。
科・属名はアルストロメリア(ユリズイセン)
科・アルストロメリア属となってますが^^
以前はヒガンバナ科・
ユリ科などとされていて、現在は
アルストロメリア科として扱われてるんだ
そうです。

 原産地は南アメリカ。

 約50種が知られてて。いずれもアンデス山脈の
寒冷地に自生するそうです。南米なのに
寒い所で咲くっていうのが面白いなと^^

 1753年、南米を旅行中だったカール・
フォン・リンネ自らが種を採集、
属名の「アルストロメリア(Alstroemeria)」
はリンネの友人で、この植物の発見者である
「アルストレーメル(B.C.Alstroemer)」
の名にちなむそうです。英名は「インカのユリ」
という意で「Lily of the Incas(リリー
オブ ジ インカ)」、または「Peruvian
lily(ペルビアン リリー)」と呼ばれます。

 4-7月にかけて花が咲くそうで実は日本は
この花の栽培では世界2位なんだそうです。
すげえ・・・・

 多彩な品種改良はイギリスで始められ、
現在はオランダが中心で日本ではオランダ
から品種が導入されています。

 花は紅色や黄色・ピンク・白・オレンジ・
斑入りなどがあり、上側2枚の花弁の内側に
黒茶色の点線が入ります。最近はこの模様の
ないものも作出されて人気を集めています。

 草丈は30~100cmで互生した葉はねじれる
のが特徴です。

 早生種の大輪花ペレグリナ、橙色の小輪花
ハエマンサ、淡桃色花の上部に黄色い班が入る
パリダなどがあります。花持ちがよく花弁
が丈夫であるため、フラワーアレンジや
花束などの切り花として重宝され、また
庭植えやプランターなどに植えても
とても華やからしいですね。

$どん底を楽しめ!逆境に酔え!プロレス!=元気!=生命力イラストレーター.モンスタ-AMのブログ


 だからどっかで見たことあるんだな^^
なんか植わってるのは見たことないけど
どっかで見た気がしたのは贈答用だから
かもしれません。

 家庭菜園より派手やかな場所で見る
ことがあるかもしれませんよ^^




 



公式ブログのバナーと当ブログのバナーです。
いずれもご自由にお持ち帰り下さい。↓





モンスターAMオフィシャルホームページ&ショップ↓





よろしくおねがいします! 


【心, 悩み, カウンセリング】をアメーバで検索
スポンサーサイト
[ 2012/07/01 00:00 ] 生命力イラスト | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monsteram1024.blog.fc2.com/tb.php/376-4c73bc32






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。