スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

№500 第4回海峡万博ミーティングIN下関 (12.9.24 月)


 プロレス=元気!=生命力イラストレーター
モンスターAMのブログにようこそ。
数ある中から私のところに
おこしいただいて心より感謝します。
ありがとうございます^^

はじめましての方はこちらをクリックしてください^^


13年度年賀状デザインご感待ちしてます!
プレゼントもありますよ!*



第4回海峡万博ミーティングIN下関
(12.9.24 月)

 この会は2023年「EXPO’23関門海峡万国
博覧会」に向けた、第2回目のミーティング
になります。今回は、下関側で行われました。
テーマは、「下関にとっての海峡万博
とは?」として、ワールドカフェ形式での
ディスカッション。

 このワールドカフェスタイルという
耳馴染みない形式での意見交換会ですが
どういうものかというと・・・・

>ワールド・カフェとは、リラックスした
雰囲気の中、少人数に分けたテーブルで自由
な対話を行い、ときどき他のテーブルの
メンバーとシャッフルして対話を続けながら、
参加する全員の意見や知識を集めることの
できる会議手法の一つである。

<ワールドカフェの効果>
1.発言しやすい
 
 ワールド・カフェは、少人数での対話
なので、発言しやすく、ひとりの発言の機会
も多く与えられる

2.参加者全員の意見が集まる

  ラウンドごとにシャッフルすることに
より、大人数でも多くの人との意見や
知識の共有ができる

3.共感が生まれる

  ワールド・カフェの参加者の中に、共通性
を見出したり共感が生まれたりする。これに
より、親しみや信頼を生み出すことも
できる

<ワールドカフェのやり方>

1.準備

 ・四~五人でグループを作り、テー
ブルに座る

 ・テーブルの上にはテーブルクロスに見立
てた模造紙と各自一本ずつのペン

2.カフェトーク・ラウンド

 ・1ラウンドおおよそ20分で、トピックに
そってカフェ的にリラックスした会話を楽しむ

 ・会話しながら、出たアイデアとか言葉を
それぞれが自由に模造紙に書く

 ・1ラウンドが終わるころにテーブルに
残る人(ホスト)を決め、その場に残し、
それ以外の参加者は別のテーブルへ移動

 ・残ったホストが自分のテーブルで
話された内容を新しいメンバーに説明。
さらに会話を深める

 ・ラウンドを2~3ラウンド繰り返す

3.最終ラウンド

 ・最終ラウンドで、全員が最初の
テーブルへもどる

 ・別のテーブルで得られた気付きや理解
を交換し、さらに全体でもシェアをする

(参考文献:アニータ・ブラウン デイビッド
・アイザックス著/香取一昭 川口大輔訳
『ワールド・カフェ~カフェ的会話が
未来を創る~』ヒューマンバリュー)
 
 とここまでは前回のコピペです。
ぶっちゃけ^^今回の会場は生涯学習セン
ター。北九側はなぜかいつも日程が合わな
くて隔月の下関のみ参加という形になった
んで、前回参加した時より人数も増えてて
しかも内容もぐっと具体的になっていた
というのが参加して思った事でした。

 テーマは海峡万博から生まれる、関門
のあたらしい価値とは?という命題で
かなり苦戦しました。おまけにホスト役を
拝命して(まあ司会よりずっと楽ですが)
次にテーブルにこられた方に内容を手短
に話すということに神経使いすぎてしまい
後半はただ聴いてるだけでした。いや、
どんなものであれ説明するという事の
難しさをイヤというほど思い知らされ
ました・・・・結構終わってぐったり
しましたから・・・(汗)

 ちょっとそういう意味では悔いが
残ったかな?

 後、これは交通事情にもよるんで
実際関門トンネルが事故渋滞で結構遅れ
がでたんで、多少時間的配慮も欲しかった
かなと。時間内に収めるのがルールなんで
重々承知ではあるんですが、発表の際に
否定しないフィードバックの時間があると
より有意義になったかなと思います。
否定しないフィードバックは我々心理支援士
の授業でも必ず設けてるもので結構有意義
なんですよ^^それがわかっているんで
あえてご提案してみました。ワールドカフェ
のいいところを取りつつ、ミーティングでは
独自の進化をみせていくのも一興かと。

 そうそう悔いといえば、PRタイムで配る
予定だったこの様なチラシを50枚手つかず
で持って帰ってしまいました。手を挙げ
損ねてしまった私が悪いんですが
どなたかもらってもいいよ、お店や会社の
片隅においてもいいよという方、ご一報
お待ちしてます。可能な範囲内で
忘れたころに半強制的に置いて帰り
ます^^ちなみにチラシは両面印刷ですので
メモ書きには使えません^^

生命力新聞6号1面

 といったところですかね。
次回はまた授業とバッティングしそうなんで
次々回参加になりそうですがまたその
節はよろしくお願いします。
みなさまありがとうございました^^

生命力イラスト・語り合う事




モンスターAM公式ホームページはこちらから
モンスターAM公式ショップはこちらから

スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monsteram1024.blog.fc2.com/tb.php/465-e67d1ff2






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。