スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

No.544 地撮り山口下関 ~初の「夜景・地撮り」を、 歴史とレトロのまち「下関」で開催! /2012.11.18(SUN)


 プロレス=元気!=生命力イラストレーター
モンスターAMのブログにようこそ。
数ある中から私のところに
おこしいただいて心より感謝します。
ありがとうございます^^

はじめましての方はこちらをクリックしてください^^



 
地撮り山口下関 ~初の「夜景・地撮り」を、
歴史とレトロのまち「下関」で開催!
/2012.11.18(SUN)

 地撮りというのはみんなで写真を
撮って、ソーシャルメディアでシェア
して、街の魅力を再発見するという
イベントです。いわゆる撮影会ですね。

 撮影会と聞いて光画部を思い出した
方、あなたは堕落しました!!^^
(実は主催の方の一人はもとUKIナー
でほかにもUKIナーがいたんでこの
表現を使いました。わかんない人は
ゆうきまさみ著「究極超人あ~る」を
お読みください^^)

 私は一人でやってることが多いん
ですが、大勢で集まってやるのは
初めてでしたね^^今回はお誘いいただい
たんでいってまいりました^^

 んでもって投票でグランプリを
決めるというものでした^^これには
ツイキャスなどでみてらっしゃる方の
投票も含まれます。
 
 で、下関駅東口ATMコーナー付近に
集合して・・・・開始・・・・の
はずがものすごくゆるい会なんで
皆がきっちり光画部時間を守るという
形でゆるゆるといつの間にか
はじまってしまいました^^

 コースは長府の寺社仏閣・壇之浦
古戦場・唐戸の町並みを訪ねる
長府&唐戸コースと全国屈指のコリア
タウン・港の見える丘・唐戸の町並みを
訪ねる駅前&唐戸コースの2班に
分かれての撮影会になりました。

 で、やっぱもともと16年も住んでて
生活エリアでもあったのがコリアタウン化
したグリーンモールでした、ここはもう
我が庭も同然^^だいたい闇市時代^^
(昭和40年代まで本当にそんな感じだった
んです^^)の時分からこの物騒なところ
を遊び場にしてたもので、解説の仕事
を勝手にガイドからぶんどってテンション
UPしてしまいました。

 ちなみにこの奥まったところにあるのが
故・松田優作先輩の生まれ育ったところで
そこまではいきませんでしたが近くまで
はいきました^^ 

 そのあとチルソクの夏で使われた
茶山通りに行って、謎のアパート(廃墟
に近い^^)に不法侵入ギリギリで
入っていこうとする人たちはいるは、
なぜか道路沿いではなく道の奥にある
質屋の入口でテンションあがる人や
武藤敬司が宣伝してる鉄鍋餃子の
白圭前で勝手に武藤ポーズを
してはしゃいだりする人もいたりで
もうそれはそれは好き勝手やらかし
放題でしたwww(犯罪はおかしてません)

 しかしこのまわりをくまなく歩いてる
ものとしてはまだまだこの程度ではない
ので是非二回目があったらその辺の超
ディープな世界にもご案内したいです
ね^^特に昭和の遺産がそのまま眠る
裏手の街は撮影素材の宝庫なんで次回
機会があれば、よろしく!ということで。

 そして初ロンドンバスで唐戸へ向かい
ここで借り休憩してると岩国のナットマン
さんが合流!なんと下関駅から歩いて
こられたそうで、お疲れ様でした^^

 同じUKIナー同士なんで、いい話相手
ができた私はさらにテンションUPで
地撮りだけでなくヲタトークをマシンガン
のようにナットマンさんにぶつけてしま
いました。初対面の人は大概これでどん
引きするものですが快く聴いいていただけ
た?ようだったので嬉しかったです。

 でもこれもまだまだこんなもんじゃ
ないんで(というかヲタトークでヲタを
ドン引きされることもあるんで自制は
してるんですよ^^一応)話足りない
ところは山ほどあるんですが、普段聴き
役になることが多い分、話したくなっちゃ
いましたねえ^^

 唐戸方面で撮影を終えたあとは下関
駅方面に戻って写真の品評会。1位の
写真はカップルを写したものでしたが
これが素晴らしい出来で、通常「リア充
爆発しろ」と思ってる私ですら心を
打たれました。もっともそのあと、海峡
ゆめタワーでいちゃつくカップルを見た
ときは「やっぱリア充爆発しろ」と思い
ましたけどねwww

 そしてタワーで夜景を楽しんだあとは
食事会。皆歩き回って疲れて腹減って
たのかよく食うこと食うこと^^

 でもお腹いっぱいになりました^^
腹もみたされいい運動もできていい
写真もいっぱい見られて満足な一日
でした。みなさん本当にありがとう
ございました^^






モンスターAM公式ホームページはこちらから
モンスターAM公式ショップはこちらから

スポンサーサイト
[ 2012/11/19 10:31 ] 体験談.経験談 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monsteram1024.blog.fc2.com/tb.php/510-35837e2b






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。