スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『GAMSHARA HEATS』~新時代宣言~ 観戦記 (2013.2.10(日) 北九州パレス)


 プロレス=元気!=生命力イラストレーター
モンスターAMのブログにようこそ。
数ある中から私のところに
おこしいただいて心より感謝します。
ありがとうございます^^

はじめましての方はこちらをクリックしてください^^

*記述には慎重を期してますが万一不手際が
あった場合はご指摘いただけると助かります!*



『GAMSHARA HEATS』~新時代宣言~
観戦記
(2013.2.10(日) 北九州パレス)

 がむしゃらプロレス年明け一発目
の大会。なんと北九州市政50周年
の当日にぶつかって「混雑するかも」
と少し早めに家を出たが大して混まず
に到着。

 列作って並んでると、マスターに
バレンタインの差し入れが多数^^
見てきた限りではとなりの林選手より
多かった^^さすがイケメン三銃士^^

 今回は連休でもあり、またイベント
事が重なったせいで出られないスタ
ッフ・選手も多数いたにもかかわらず
大会が開けてしまうというこの層の
厚さががむしゃらのすごいところ。

 しかも事実上プロがいないのに
超満員。

 前回の大会で4つに分裂したチーム
を前説でSHIGEKICHIリングアナと
今回はレフェリーのKAG大塚、そして
正統派レフェリー転向を宣言したBEE
那須の三人で解説。

 そしてリング上で今春デビュー予定
の大型新人タシロショウスケが紹介。
身長195センチでバスケをやってた
文字通りの大型新人。前日ラジオデビュー
も果たしている。

 挨拶は至極丁寧で好感ももてた。
しかしそれもそこそこに、各ユニット
が入ってきて勧誘合戦・・・・となった
のだが若手軍のオーバーザリミット
(OTL)以外はタシロをスルーする有様。
二番目に出てきたLOCは昨冬に引き続いて
野本を勧誘。三番目のクレイジークレバー
(CC)に至ってはマネージャーのClumin
が「お帰り!このチェリーボーイが」と
言い放ち、タシロを勝手に帰してしまった。

 こっちはなにわ愚連隊の6号
こと陽樹(ようじゅ)にアプローチ。
愚連隊とは一触即発のムードになったが
ここへ登場したのがベテラン軍。なんと
ももいろクローバーZの曲にのって全員
がダンスしながら入場・・・ってこれ
がむスターズでもやってたよね?^^
しかも、今何故ももクロなのか?しかし
平均年齢が高いユニットが喜々として
踊り狂う様はやはり圧倒。というか
それまでのユニットを食う存在感。

 そして肝心のチーム名は週末レスラー
がむしゃらクローバーZに決定!
・・・・まあ、ほもクロを見慣れてる
分違和感はないけど、多分にマスターの
趣味が反映されてるような感じが^^

 確かにSMITHが言ったようにこの時点で
印象に残ったのはがむクロだけでは
あったんだけど^^しかしこのメンツに
あのブルート健介が加わったところを
ちょっと見てみたいとは思った^^
何色になるんだろう???
 
第一試合: 
▽因縁勃発!男のケジメ
●TOSSHIvs○鉄生

 二人きりのLOC対そこを裏切ったCC
の対決。勢いはCCにあるが、しぶとく
生き残ったLOCもなにげに侮れない。
確かに陽樹やタシロやKAGなどの新勢力
はいるがこの鉄生とて昨年は超新星と
して破竹の活躍をし、今やがむしゃら
になくてはならない存在になってしま
ったのだから。

 実は体重以外にそれほど体格差がない
両者。キャリアでいえばTOSSHIのほうが
少し上。体重がない分攻撃が軽いかと
いえばそうではない。特に相手選手が
口を揃えて嫌がるTOSSHIのチョップは
鋼鉄の胸板をもつ鉄生にしても嫌だった
ろう。受けて耐えて必殺の鋼鉄のど輪
にいけるかどうかが鍵だった。

 よく考えるとでも相手の攻撃を受ける
だけ受けて耐えて勝つというのはベビー
の戦い方なんだけどこれをヒールの
鉄生がやってるのが面白い。おまけに
CC勢はセコンドのジェロニモの介入も
あって鉄生コールに包まれる会場。

 しかし昨年のGAM1で厳しい野本の
蹴りをこれでもかとくらった鉄生
にしてみればそれを糧にしてる分
反則込で攻めてくるTOSSHIの攻撃は
「耐えて勝てる」範囲だったのかも
しれない。逆に言うとTOSSHIはもっと
きつい攻めをしてもよかったと思うが
カード的にヘビー対ジュニアのシングル
をそう多く経験してないTOSSHIには
鉄生の急成長が計算外だったのかも
しれない。

 最後はすべてを受けきった鉄生の
鋼鉄のど輪がざっくり決まって勝利!
やっぱLOCはこの男がいる限り簡単
には消えそうにない。

第二試合:
▽なにわの実力者vsがむプロの
実力者対決!!
●なにわ6号(陽樹ようじゅ)vs
○野本一輝

 11月の大会で鮮烈デビューを飾った
なにわの秘密兵器6号こと陽樹が
初のシングル戦に挑んだ。相手は
小倉一番星の野本一輝。特に因縁が
あるわけではないが、シングルなんで
陽樹個人のスキルに興味があった。

 しかしデビュー二戦目とは思えない
堂々たる試合運びは新人離れしてる。
体格だけでなく試合度胸、厳しい攻めを
耐え凌ぐ肉体と精神力。やはり陽樹は
大したタマだった!張り手やチョップ
だけでなく頭突きを食らわせていくあた
りに「負けたくない」気持ちが伝わった
し、呼応した野本が藤原組長ばりの一本
足頭突き!

 さらに陽樹のラリアットをカウンターで
脇固めに取るなどこっちも一歩も引かな
い。
 
 そこへきて愚連隊を介入させる頭の
よさももってるから厄介なことこの上
ない。鉄生の時は受けて立つ感じだった
野本が結構必死になっていたところ
からも、愚連隊の助けがなくても
そこそこいけていただろう。

 最後はやっぱ蹴って蹴ってけり倒した
野本がお得意のゴッチ式パイルで
けりをつけたが野本が望んだ闘いは
ここに確かにあったと思う。刺激的な
一戦だった。

第三試合:
▽2013年初のがむプロおまけの
疲れん程度一本勝負
●ガムコツくん&ブラック☆スティック
vsアリマティ&○パンチくん

 なんとうさミミで登場のアリマティ
組は袋を持参。中にはチョコが入って
いて一足早いバレンタインのサービス。

 ガムコツくんは多分だけどデビュー
したときの中身の選手ではないかと
思う。動きが酷似してたし、だいたい
パンチ君がかなりきつい攻めをしてた
ので、試合は疲れん程度といいながら
結構白熱していた。黒棒がそもそも素顔
の時にしか見せないような関節技まで
やってたし^^やっぱ目の前でバチバチ
やられたらそりゃ火がつくよね^^ 

 しかしそれでも普通の試合にならない
のはそこにアリマティがいるからでこれ
は結構でかかったと思う。一人で3人に
ぼこられたり、Tシャツ破りからのアリマ
ティバスターといい、Tシャツ破くと出て
くるテーピングやシップだらけの体が
痛々しくなくて逆に笑えるというのは
案外得点高いと思う^^

 試合はパンチくんが容赦ない攻めで
ガムコツくんを葬ったが、ダメージで
かそうなのはどう見てもアリマティ
だった^^ 

第4試合:
▽新旧世代対決!!
○林 祥弘vs●ニコラス今中
ジョリー

 一見オーバーザリミットという
立場で林が先輩越えをする・・・・と
いう感じのテーマになりそうなこの試合、
実は今の林を追っかけてるのが
ベテランのニコラスであるという
ねじれ現象がおこってるのが
ミソでもある。ブランク後、波はある
もののここ数カ月は順調にきてた感は
あるニコラスだが彼のいないあいだに
上位に食い込んできた選手との対戦は
そんなにしてない。

 ということもあって立場はほぼ対等。
というか打倒SMITHを心に誓う林は
ニコラスで躓くわけにはいかないし
かといってニコラスもかませ犬では
終わりたくない。

 どっちにも意地があったのだ。
見てる側からすると多少ニコラスに
余裕があったように見えたけど、やっぱ
ムーンサルト系の技を返されてしまう
と次の一手がないニコラスと、一回
返されても意地でファルコンに持って
いこうとする林のまさに「執念」が明暗
を分けたといっても過言ではないだろう。
悔しさを顕にしたニコラスは飛び技を
超える新技開発を宣言したが、追うベテ
ランが今度はオーバーザリミットする
番になったことで確実にリングの風景が
変わっていきつつあるんだなと思わされた
一戦だった。 
 
第5試合:
▽GWA無差別級タッグ選手権試合
(60分1本勝負)
○[王者]七海健大&ジャンボ原vs
●ジェロニモ&TA-KI
 
 OTL対CCの新勢力対決はベルトへの
思いがどのくらいかを証明する対決になった。
そもそも全盛期のLOCがベルトを勝手に
贈与したあたりからタッグのベルトが軽く
なってきてそこへきて林・野本の分裂劇を
経て、原の長期欠場も重なりタッグ王座
は色々災難な昨年だったわけだが、11月
大会以降急速に価値が高まった?のか
それとも今の王者からなら取れると
確信したのかLOCはじめ皆が虎視眈々と
タッグ王座を狙い始めた。

 しかしその「今なら取れる」と相手に
思わせておいて実は堅牢なのが今の王者
なのだ。そして私が見始めてから最も
タッグベルトを大事にしてる(と思う)
チャンピオンでもある。ベルトというと
語弊があるけど、原・健大組には年齢と
キャリアを超えた心の繋がり(あえてそれを
絆とは呼ばないが)があって、そこをみお
としてるチームは自然と負けてるケースが
これまでの対戦でも多々あった。

 キャリアで勝るCCは多分キャリアが下で
年上の原狙いでみんな失敗してるんで七海
狙いできたと思うけどここは作戦としては
間違ってない。ただ、やるなら原も痛めて
おかないといけなかった。どっちかに的を
絞るというのはタッグ戦の常套手段だが、
それこそLOC時代ならセコンドの介入も
辞さなかっただろう。でもまだ方向を模索
してるCCにはそこまでできてなかった。

 加えて「あれは俺のベルト」と執念を
燃やすジェロニモに対し、チーム移籍で
がむしゃら運営がいきなり王座挑戦という
チャンスを与えた事への疑念を拭いきれない
TA-KIとの温度差も若干あったような気が
した。だからチームプレイという意味では
十八番だったはずのCCよりセコンドも一丸
となっていたOTLのほうが実は軸がぶれて
なかった。

 原がやられれば七海が、七海がやられれ
ば原が。お互いが助け合う形でいつの間に
かこのチームは理想的なタッグになって
いた。終盤の合体技はCCも読んでいただろ
うに返せなかった。そこはやはりチャンプ
を甘く見すぎていた感があったかもしれない。

 しかし試合後、懲りずにやってきた
マスクドPTがタッグ王者を追い払うと
なんと新メンバーの勧誘。一人は当然
前から声かけてる野本だったが、もう
一人は今年から本格復帰を決めてるガム
ロックキッドだった!「俺は新しい事が
好きだ!」とTシャツに袖をとおし観客
のなかには「着ないで」というこえも。

 続いて野本は「106ある全国の社会人
プロレス団体の頂点にがむしゃらプロレス
が、自分がたつために」LOC入りを承諾。
新LOCが誕生したわけだが昨年ちぐはぐな
連携でタッグ挑戦し失点した野本と鉄生
の関係が精算されてないままの状態では
一抹の不安も隠せない。

 そしてCCは陽樹を勧誘。なにわ愚連隊
は協議を重ねた結果結論は出てないという。
でも最終的には「お前のやりたいように」
ということで陽樹はCCと手を組むことを
受諾。そして「あんな綺麗な姉ちゃん
(Clumin)がマネージャーしてくれる
なら」という理由で^^なにわ愚連隊
がCCと合体!
 
 とここまですごい端折ったけど^^
体もすっかり冷えてしまったであろう
王者はこの30分間完全おいてけぼり。
11月といい今回といいチャンピオンは
蚊帳の外状態が続いてる^^まず一言
「長いよ!!!」と文句を言うOTL。

 しかしカミカミながら林も七海も
なんとか締めて無事大会は終了。まあ
彼らが噛むのはもう周知の事実なんで
それこみで暖かく見守ろうというのが
OTLの特徴かもしれない。若手ユニット
というのは野心むき出しというのが
通例だけどこういうのもあっていいと
思う^^楽しいし^^

 まあでも一時はお飾りになりかけてた
タッグ王座をメインが務まるほどに
価値を上げた王者組の功績はもっと
褒められていいと思う。
 
 来月以降も楽しみになってきた^^  







モンスターAM公式ホームページはこちらから
モンスターAM公式ショップはこちらから

スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monsteram1024.blog.fc2.com/tb.php/529-9e8f7aca






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。