スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

DDT Road to Ryogoku 2days in KOKURA~ ドラマティック・ドリーム・鳥かしわめし~  観戦記(13.6.14 金 於:小倉北体育館)

DDT Road to Ryogoku 2days in KOKURA~
ドラマティック・ドリーム・鳥かしわめし~ 
観戦記(13.6.14 金 於:小倉北体育館)

写真はこちらからどうぞ

 この日は夕方から雨の予報。しかも
PM2.5の飛来で空気も悪い・・・
しかし、そんなことはいってられない!
なんせ7年ぶりのDDT小倉大会である。
地方のいいところは博多だと7000円になる
特別リングサイドが6000円になるところ。
この1000円の差はでかいですよ^^

 んで今回はがむしゃらプロレスとの
コラボもあるんで珍しく奮発した!!

 しかし空梅雨ともなんともつかない
今年の梅雨時は冷房いれても寒いし、
きられると暑い・・・この日は冷房なし
モードだったのでまあ暑いなんてもんじゃ
ない。もっともがむしゃらリング設営隊
は結構ご苦労されていたみたいだけど^^

 席は北と南が5列、西と東が三列で
二階はなし。まあ実態に見合う並びでは
ある。三分の二はがむしゃらの常連さん
で後が地元の美月の手売り組かな?

 でも途中で増席していたし最終的には
大入りになったんじゃないかな?
ちなみに来月のフリーダムス小倉大会
の営業で佐々木貴選手がブースでチケット
うっていた^^こういうのどかなコラボ
もまた地方大会らしい^^ちなみに佐々木
選手はこの日も深夜まで。あけて土曜も
朝から営業活動で北九州一円を回っていた。
本当殿の情熱には頭がさがる。 
 
 亜門GMと井上さんの前説で前日
熊本大会で負傷した遠藤の欠場が発表
され、カード変更が行われたがまさか
これが後々のネタになっていたとは
この時はつゆほども思わなかった・・・・

 かくしていつでも挑戦権を持ってる
石井の音頭で興業はスタートした。

第一試合:◯マサ高梨 vs ●谷口勇武

 門司みなと祭りで大いに株をさげた
谷口はストロング杉山のテーマで入場
(といっても誰だかわかんないだろうけど
説明はあえてしません^^)。私はアニメ
マニアだしゲッターロボもこよなく愛して
るが、谷口にはこの曲使ってほしくない
んだよなあ・・・いや、谷口個人に恨み
が云々というより単純に似合ってない
から・・・・やっぱ見られてる意識が
低いというのは入場テーマにも出ている。

 対するマサ高梨の入場テーマは「THE
FIGHT」。ご存じ日本人最後のAWA王者
マサ斉藤さんの入場テーマ曲なんであるが、
古きよきAWAをこよなく愛し、ニック
ボックウィンクルを敬愛する高梨は最初
「このテーマは自分ごときには恐れ多い」
とあえてカバーバージョンにした経緯が
ある。つまりどういうことかというと
プロレスに対する真摯な姿勢がもうテーマ
曲を聞くだけでわかってしまうという事
なのだ。

 以下はウィキぺディアからの引用。
「相手がワルツを踊れば私もワルツを踊り、
ジルバを踊れば私もジルバを踊る」
(相手のスタイルに合わせてレスリング
をする、つまり相手の持ち味を十分に引き
出すのが私の役目、という意)という
ニックの言葉は、プロレスの本質を余す
ところなく表現した名言とされている
(もともとは父親ウォーレンから教えら
れた言葉である)。 

 これを見事に体現していたのがこの
日の高梨だった。きっとニックさんが
この試合をみたらお褒めの言葉を下さる
だろう。プロレスでいう横綱相撲とは
こういうことをいう。完璧すぎる試合
だった。本当神業に近い領域にきてる
よね。またいつの日かKO-Dのベルト
を巻いて今度こそ約束通り九州にベルト
姿で来てほしい。ぶっちゃけ相手は誰
でもよかった。

 むしろカードが変更になった事で
高梨のシングルが見られたのは幸い
だったとすらいえるだろう。眼福でした。

第二試合:DDT×がむしゃらプロレス
コラボマッチ
高木三四郎&●ダイナマイト九州&鉄生
 vs ○MIKAMI&セクシーロージィ&
ニコラス今中ジョリー

 実は前回の営業で小倉入りしたとき
MIKAMIは臨時コーチでがむしゃら
のメンバーに稽古をつけている。自身も
4年前に参戦経験があるので何気に今の
がむプロメンバーの実力を一番知ってる
男。対する大社長は営業で来るときは試合
とか練習つける時間がないので選手として
の彼らを知ってるのは博多で絡んだこと
のある九州だけ。

 ところがやっぱこのDDT創設メンバー
の2人はそういう事をぬきにしても実に
細かい配慮をしてみせる。プロレスに
接待というものがあるとしたら特上級
の接待なんじゃないかな?もちろん手心
を加えるとかそういう意味ではない。
相手がだれであろうとガンガンやって
いくのはこの2人ならでは。普段は寡黙
なMIKAMIも大社長に乗せられて
結構口でも絡んでくるし、ちゃんと各人
の見せ場も用意している。さっき実際に
手をあわせたのはMIKAMIだけとは
いったものの大社長の目の行き届きぶり
は半端ないものがあった。全てが見えて
いるのだ。飯伏が見えて飛んでるのと同じ
で、大社長は絡んだ相手であろうが
そうでなかろうが「全て見えている」。
だから見せ場も用意できるし、試合も
成立させられる。

 これがビジネスマン高木三四郎のスキル
でもあるんだが同時にレスラー高木三四郎
のスキルにもなっているんだから大した
ものだと思う。

 これに呼応する形でがむしゃらメンバー
もスキル全開!もともともってるものが
玄人レベルの集団なんだからできて当然
と思われがちだけどそれでも皆よく
頑張ったと思う。

 提供試合という形ではなくコラボとして
プロ団体で試合するというのはもうパッ
ケージとしての興業の一部を任されたも
同然なんでそこは必死にならざる得まい。

 普段ありえない顔合わせでもちゃんと
試合になっていたのは彼らの精進による
ところも大きいと思う。

 MIKAMIのスワントーンボムと
大社長の滞空時間の長いブレンバスター
は最大級の敬意の証だったのではないだ
ろうか。
   
第3試合:アントーニオ本多&○佐々木大輔
vs 男色ディーノ&●中澤マイケル

 もともとこれはいつでもどこでも挑戦権
を持ってる一人である佐々木に対して1対1
では勝てないマイケルがディーノとともに
ハンディキャップマッチで佐々木からマイ
ケルにその挑戦権を強奪すべくマッチメイ
クされたのに、遠藤の負傷でただのタッグ
に変更になったことにマイケルとディーノ
はいちゃもんをつけてきたところからスタ
ートした。

 困り果てたGMは条件として3分だけ
ハンディマッチにして3分後にはアントン
を混ぜた普通のタッグにすることで了承。

 ところが、佐々木が予想以上に粘る
ためマイケルのメンタルが度々折れかかり
ディーノが喝をいれるべくマイケルに腕
折を敢行したもんだから戦力ダウン^^

 マイクでアントン入場まであと10秒
というところでどう考えてもマイケルに
勝ち目はない・・・しかしまさかのアクシ
デント!なんとアントンが入場時に転んで
膝を負傷?そのまま控室に帰ってしまった
のだ。

 唖然とする佐々木にしめたとばかり
に男色先生の集中攻撃。なんとかマイケル
に花をもたせようと妙な男気を見せる
ディーノも必死だが、この2人相手に佐々木
も必死の反撃。

 しかしここで治療をすませて?ぶ厚い
サポーターを膝につけたアントンが戦線
復帰。これで勢いづいたモンスターアー
ミーは一気に反撃。アントンは膝を盛ん
に気にしながらもナイスアシストで佐々木
を盛り立てる。こうなるとマイケルの旗色
はだんだん悪くなる。

 とうとうハンディを克服した佐々木は
つに自らの手で挑戦権を死守!マイケル
の野望は宙に消えた・・・

 退場時にはまたしても男色先生はマイケル
にアームブリーカーでお仕置きをしていた。
 
 いや、よく考え抜いてるよ。
遠藤の負傷から一日でそのハンデを逆に
ストーリーにかえてしまうあたりさすが
DDT!細かすぎる芸当にはただただ脱帽
するしかなかった。

第5試合:
HARASHIMA&○美月凛音 vs 彰人&●久保希望

 これも遠藤負傷の余波で変更になった
カード。久保は繰り上げながら試合順は大幅
UP!地元でいいところを見せるチャンス
だが、それは美月も同じ。実は北九州出身で
本格凱旋になる当大会に気合い十分で挑んで
いたのは美月も同じだった。

 初手合わせということもあって、ちょっと
行き違う場面もあったが、上手にフォロー
し合って試合はだんだんかみ合っていく。
もともと打撃系のHARASHIMAが
いるだけにわかりやすい攻防が期待できた
けどまあその通りになった。

 耐える絵が絵になる男、久保希望の本領
発揮になった展開で会場も大いに盛り上が
った。

 初登場の彰人はやはり試合数の豊富さが
物語る通りUSTではなく実際に見ても
かなりの逸材ではあった。うまくいけば
先行してる入江の後すら追える才能はある
とみた。今後のDDTの新風景を作りだす
一人には違いない。

 試合はジャーマンで粘る久保から勝利
をあげた美月。試合後なんと美月のお父
さんが容体を悪くしてることが明かされた。
美月のお父さんといえば、かつて博多で
ニラに人質にされたりしてて、その姿を
覚えてるだけに、まさか入院されるほど
お体を悪くされてるとはおもわ
なかった。

 そりゃどうしても勝ちたいよね。
この日の美月はなんか必死だったしHARA
SHIMAもそれをサポートしてたけど
裏にはそんな事情があったのか。
ぜひ来年の小倉大会には元気な姿をみせて
ほしいなと思った。

第5試合:
○入江茂弘&石井慧介&高尾蒼馬
 vs 飯伏幸太&ケニー・オメガ&
●大石真翔

 チームドリフそろい踏みの試合という
のははじめてかな?いつでもどこでも
挑戦権をもった石井が負けると、勝った
相手選手に挑戦権がうつる。まあ
入江としても同僚の花道を守る使命が
あるのだ。というか今やKO-Dのシング
ル王者になった入江は団体の顔でもある。
誰であろうと躓きは許されない。

 ここにゴールデンラバーズ+大石という
超曲者トリオが立ちはだかるんだから
面白くならないわけがない。

 普段ディーノと絡むことの多い大石
は普段通りおちゃらけてはいたが要所
はびっしりしめるおなじみのスタイル。
特に圧巻だったのは飯伏・ケニーと
大石のトリプル場外ダイブでこれは絵に
なったなあ。

 しかし飯伏が本気出す前にチームドリフ
は早い幕引きを狙っていた感もある。
やはい個々のスキルでいうと実績を
たっぷりもった相手が有利だし若さで
押し切るのも一つの手ではあるからだ。

 だから入江のフライングソーセージ
までにもっていく分断の仕方はさすが
私生活でも仲がいいドリフならでは
というか、見事に飯伏・ケニーを分断
して大石をしとめたんだけど、この
相手に勝てる力をもってきたというのは
成長のあかしかな?華やかな試合で
魅了させてもらえて感謝!  

メインイベント:  
○KO-Dタッグ選手権試合
<王者組>佐藤光留&○坂口征夫 vs
 KUDO&●ヤス・ウラノ<挑戦者組>

 華やかなセミとは一転、空気がガラッと
変わったメインイベント。小倉では珍しい
タイトル戦はまさにハードヒット直輸入の
激しい激しい試合になった。

 当然今回のひかるんは変態モードでは
ない。パンクラシスト佐藤光留として
格闘界から転身してきた坂口を巧アシスト。
コーナーからの指示はまるでセコンドの
アドバイスの様に的確に坂口をフォロー。

 タッグという格闘技にはないジャンルで
ベルトをまけたということはただ強いだけ
では出来ぬこと。ましてや相手はかつての
タッグ王者であり強さとうまさを兼ね備えた
ウラシマクドウであるがゆえにここはこの
タッグチームはがプロレス界で通用するか
どうかが試されていたといっても過言では
ない。
 
 ひかるんもKUDOとの意地の張り合い
を楽しんでいるかのように「全然きいて
ないんですけど!」と挑発を繰り返す。
しかしそこで血が上るようなタマじゃない
ことはひかるんもいいながら承知はして
いたと思う。

 すきあらば何かしかけてくるヤスを
かなり警戒していたみたいで、やはり打撃
のないヤスに狙いをしぼりつつKUDO
にもダメージを与えていかねばならない。

 しかし、お互いのもってるものが違うと
プロレスルールでも異種格闘技戦のような
殺伐感は醸し出せるものだなあと唸らされた。
かつてのUWF対新日のようなえも言われぬ
緊張感で久々に締まったメインを見せて
もらえた。

 坂口がむしろ格闘家でデビューしていたの
は今となっては幸いだったかもしれない。
幼いころからプロレスを知り、そのうえで
格闘技の世界を知ってる今の坂口のキャリア
はそのすべてが武器になってる感じがした。

 総合もやってるとはいえ、プロレス愛
も人一倍なひかるんがここまでサポートして
も肝心の坂口にそのスキルがなかったら
タッグマッチ自体が成立しない。

 本当DDTにあがって日に日にプロレス
ラーらしくなっていく坂口にはもはや
父のビッグネームも必要あるまい。

 この日一日でレスラー坂口征男は小倉
のお客さんに認知されたといっていいだ
ろう。

 インディー最強を自称するひかるんは
挑戦者があらわれないことに不満を述べて
GMを呼びつけると勝手に時期挑戦者を
竹下&彰人を指名。

 呼ばれた彰人は大胆にも王者の顔に
唾をはきかけいつでも臨戦態勢に。

 そして結局竹下不在のまま後楽園
でタッグ防衛戦が決定してしまった。
彰人にしてみれば大チャンスである。
が、今の坂口は格闘家ではない。格闘
家の牙をもったプロレスラーなんでそこ
を誤らないようにしないといけないかな?

 打ち上げ会ではあまりの女性客の多さ
に大社長が目をまるくしていた。この
日きていたのは大社長・飯伏・HARA
SHIMA・ディーノ・大石といった
面々。一見さんも多かったのでマスター
がルール説明。こういう配慮はうれしい
ね。 もちろん一番人気は飯伏だったけど
全員がお目当てというかやっぱ一見さん
とはいえ、がむしゃらにくるメンツは
濃いわ^^

 で、我々がむしゃらディープ組は
それをしり目にひたすら濃い話をし続
けたので、まあそこにまざらなくて正解
だったかもしれない。我々のマニアトーク
はきっと鬱陶しがられたと思うし^^

 でもなんとか大勢いる中をかいくぐって
飯伏とだけ写真がとれた^^

 女性だけで二次会場のアニスピも満員
になっていたそうだ。必然的に男子は
別行動になったのでここでおいとました。

 終わってみれば実に濃い一日を過ごす
ことができた。また来年もやってほしい
なあ^^ありがとうございました^^

 しかしがむしゃらがらみでは三大会
連続で雨・・・この空梅雨にはかった
ように雨が降ってるけどなぜ???
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monsteram1024.blog.fc2.com/tb.php/550-648a89b1






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。