スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

 今回は意外と描いてなかった
朝顔です^^
7月朝顔

 朝顔はヒルガオ科のつる性1年草。
原産地は熱帯アジア、熱帯アメリカ。
季節は6~9月。


 以下、ウィキぺディアより抜粋
編集したものです^^
 
 世界的に見ても、これほど形態が多種
多様に変化した園芸植物は他にない。
ほとんどの変異は江戸時代に生まれたもの
である。変異の著しいものには種子を作る
事ができないものもある。
アサガオは一年草であるが「出物」と呼ばれる
変化は種子ができないか非常に結実しにくい
ため系統の維持ができず、変化が発現しな
かった株により遺伝的に伝えて行く
しかない。

 したがってたくさんの種をまき、小苗の内
に葉の特徴から変化を有している株を
選び出す必要がある。そのため江戸時代の人々
は経験的にメンデルの法則を知っていた
とも言われる。メンデルの法則とは何らかの
単位化された粒子状の物質が一つの親の
性質(形質)を決めている法則。これを
融合説に対比して粒子説または粒子遺伝と
呼ぶ。この時にはまだ名前はなかったが、
この粒子は後にウィリアム・ベイトソン
(William Bateson イギリス)によって
遺伝子と命名された。

 多様な遺伝子変異を持つアサガオは、早く
から遺伝学研究の対象となり、遺伝子配列が
知られていた。現在も遺伝学の研究材料と
して用いられている。

「朝顔」は夏ではなく秋の季語である。

~なんですって^^
遺伝子の研究に使われていたというのが
意外だったし、江戸時代の人がすでにそれを
知っていたというのも衝撃ですね。
今の朝顔はほとんど江戸時代に品種改良され
て残ったものだそうですから、あの時代って
結構すごいものがあったんですねえ・・・

 後、これはミスったなあと思ったのが
朝顔って秋の季語なんですね^^花自体
は夏の花で構わないみたいですがこの
あたりも結構意外でした。

 花言葉は愛情のきずな、はかない恋
愛着、固い約束なんだそうです。

 きずなは本来あまりいい意味では
ない言葉だそうですけどほかの言葉を
見る限りでは前向きにとらえてよさそう
ですね^^

 今月は朝顔をお届けしました^^

7月カレンダーリンク
スポンサーサイト
[ 2013/07/01 00:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://monsteram1024.blog.fc2.com/tb.php/552-cd11af86






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。